これかこれから

人生まだまだこれからです!

大人ピアノにピッタリな電子ピアノの選びかた!

スポンサーリンク

 

f:id:coreca:20190514154242j:plain

 

この記事は、自由に楽しく弾く、

趣味の大人ピアノにピッタリな

電子ピアノの選びかたについて書いてあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ピアノ、何選ぶ?

大人ピアノを始めるには、まず楽器がいりますよね。

 

趣味の大人ピアノですので、

アップライトピアノ

電子ピアノ

キーボード

あたりでしょうか。

 

私は最初、子供がサンタさんからもらったキーボードで練習していました。

 

でも単純に、

鍵盤が足りない!!

 

ピアノは88鍵盤あります。

ピアノの楽譜も88鍵盤前提で書いてあります。

 

弾く曲にもよりますが、鍵盤が足りないんです。

 

最初は続くかどうか分からない不安もあると思うので、

おうちにキーボードがあるかたはキーボードで初めてみるのもアリだと思います。

 

ですが、やはりキーボードだと確実に物足りなくなります!

 

大人ピアノを始めると、

きっとピアノの魅力にハマってしまいます。

 

そうすると、やはりピアノが欲しくなります。

 

(*ピアノの魅力にハマり、本格的にピアノを勉強したいと思ったかたは、ぜひアコースティックピアノを選んでください!)

 

趣味の大人ピアノで自由に楽しく弾きたいかたは、電子ピアノをおススメします!

 

では、なぜ電子ピアノがおススメなのか?

 

ピアノに向き合うことができる時間って、が多くないですか?

 

そうすると、音の問題がでてきますよね。

 

それを解決してくれるのが、電子ピアノなんです。

 

電子ピアノはヘッドホンをつければ、

朝でも夜でも音を気にせず弾くことができます。

 

(*ちなみに、アップライトピアノがおうちにあるかたは、消音機能をつけることで、ヘッドホンをつけて音を気にせず弾けるという方法がありますよ。)

 

 

電子ピアノの選びかたのポイント!

f:id:coreca:20190514154408p:plain

 

電子ピアノといっても、メーカーもいろいろ、値段もピンからキリまで。

 

迷いますよね。

 

そこで、

【絶対条件】

  1. 鍵盤が88鍵盤あること
    鍵盤が足りない…なんてことがないように。
  2. ペダルが3本あること
    音のいろいろな演出ができるように。
  3. 録音機能があること
    自分の演奏を確認することで、課題がみえてきて上達が早くなります。

 

【おススメ条件】

 

  1. 木製鍵盤を使用していること
    鍵盤を1つ押してみて、側面が木であれば木製鍵盤です。木製鍵盤だと、よりピアノに近いタッチで弾けます。
  2.  強弱がきちんと表現できる
    鍵盤を弾く強さや弱さをセンサーがキャッチして音の強弱を表現するので、センサーが多いほうがよりピアノらしく弾くことができます。
  3. USB機器を接続できる端子がある
    大人ピアノはなかなか発表する機会が少ないですよね。そこでおススメなのがYouTubeにアップ。動画と音を別撮りで撮ったほうが、雑音が入らずキレイです。USB機器を接続できる端子があると、ピアノ演奏をパソコンに取り込むことができて便利です。

 

そして何より、楽器屋さんに行って、

実際に弾いてみるのがよいと思います。

 

メーカーによって音色が様々なので、

自分の好きな音色を見つけてくださいね。

 

そのさい、最初に予算を決めておくことが重要です!

 

ねだんが高くなれば、当然音色もよくなります。

 

電子ピアノは、ねだんが高いほど、いいんです!

 

なので、予算を決めておいて、

その予算の範囲内の電子ピアノを弾き比べることをおススメします。

 

最後に

電子ピアノはピアノに比べて、

だんぜん軽いです!

 

なので、二人で持てば、

いつでも好きなところに移動できます。

 

いつでもお部屋の模様替えができますよ!

 

さらに、電子ピアノは音の調律が必要ありません

 

電源を入れるだけで、

いつでも安定した同じ音で練習できます。

 

趣味の大人ピアノにぜひ電子ピアノを!

 

この記事を読んで、ピアノ選びの参考になればとっても嬉しいです。

 

お部屋の雰囲気なども考慮して、

ぜひお気に入りの電子ピアノをみつけてください。